清和旅始


たくさんの書きたいことが頭にあるけど、どうやって述べるのは良いかと分からないわ。

 photo DSC_0517_526F672C_zps852c6e9a.jpg


すべては飛行機の中からかな。隣の外国人は私に向いて話し始めた。ニュージーランドの方なので、色々を紹介してくれた。唇にはリーンがあり、胸には刺青があるけど、けっこう優しい人ようだ。当地の言葉を教えたり、一緒にゲームやったりして、なんとかお兄さんの存在みたい。Aucklandに到着した後で、彼のお姉さんと友達は私を目的地に送ってくださった。
だから、一人の旅が全然こわくなくなったわ~ありがとう♪


Aucklandは都市なので、最初はあまり気に入らなかった。でも、新しい友達を作った後、面白いところをいっぱい遊びに行ってみた。特別な外国風情も触れた。
Aucklandはとても国際だなと思う。異なる国家と異なる肌の色の人たちが平和に集まってる感じ。道で英語、ドイツ語、スペイン語、日本語、中国語、韓国語...いろんな言語を聞いたことがある。やはり移民の都市かな。店で日本人の店員さんと日本語で話してみたXD
人文のところだかろ、博物館や天文館やギャラリーなどいっぱい行って見た。

 photo DSC_0150_526F672C_zps0ed02770.jpg

 photo DSC_0177_526F672C_zps6733c84e.jpg

Garden Eden

 photo DSC_0180_526F672C_zpsf2b6ec1f.jpg

 photo DSC_0216_526F672C_zpsbf0d41ec.jpg

One Tree Hill

 photo DSC_0226_526F672C_zps1812089f.jpg

 photo DSC_0316_526F672C_zpsd3c796cd.jpg

 photo DSC_0318_526F672C_zpsb2a1366f.jpg

 photo DSC_0341_526F672C_zps7c531f8a.jpg

prince Williamとduchess Kateを見に行ったw

 photo DSC_0368_526F672C_zps6a22e793.jpg


私はずっと一番北端に行きたかったので、BBHで知り合ったPennyを誘って、一週間の後は一緒に北に出発した。まずはKarikari of the far northというところでhelper exchangeをすると決まった。その前はPahia, Kerikeri, Mangonuiという地方に泊まったり乗り換えたりしてた。

Pahia
 photo DSC_0376_526F672C_zps2798a76e.jpg


Karikariはほんまに小さいところわ!車がなくてすごく不便だった。警察の車に乗って海辺のKarikariに着いた。
あそこでの生活はとても美しかった、今思い出してもそう思ってる。海の景色が見える洋式木造小屋に泊まって、陽光が良かった時、バルコニーに座って本を読んだり音楽を聞いたりしてた。helper exchangeなので、毎朝起きて2,3時間働いて、ほかは自由だった。カヤックも借りてやってみたXD

 photo DSC_0417_526F672C_zpsd16a7a20.jpg


なんかね、小さい船で湖の上に漂うのは昔からの夢だ。そして夢をかなった。海の上、カヤックの中で横になって、目の前は綺麗な空、耳の中は海の歌声、時々は足を水に入れて・・・

 photo DSC_0467_526F672C_zps732468f2.jpg


ニュージーランドの一番北だと言われるCape Reingaにも行った。大雨の日だった。四国での時みたい、また髪から靴まで濡れた。。でもやはりCape Reingaが大好き!童話みたい。朝日の時きっとすごく美しいでしょう。

 photo DSC_0446_526F672C_zpsae3ae1a3.jpg

 photo DSC_0447_526F672C_zps32485870.jpg


Kataiaという町の中古店で大好きな本も見つけた。1974年バージョンの「Gone with the Wind」。
後はドイツの仲間と一緒にご飯を作ったりdvdを見たりした。

 photo DSC_0487_526F672C_zps0e97c6c0.jpg

 photo DSC_0488_526F672C_zpsf598eec7.jpg

 photo DSC_0489_526F672C_zpsd278db8c.jpg

 photo DSC_0497_526F672C_zps8d759060.jpg

 photo DSC_0498_526F672C_zpse85f0187.jpg

 photo DSC_0499_526F672C_zps13adb7c8.jpg

 photo DSC_0501_526F672C_zps880501a1.jpg

 photo DSC_0503_526F672C_zps2674739f.jpg

 photo DSC_0510_526F672C_zpsf7e19a5b.jpg


北で二週間を過ごした。Pennyはしばらく帰国しなきゃので、私一人の旅また始まった。
陽光海岸から離して、オークランドに乗り換えて、中部高原の雪山が見えるOhakuneという小さい町に着いた。お金をつめるために、今度はOhakuneのmotelでhelper exchangeするつもりだ。

 photo DSC_0535_zps9388e655.jpg

OhakuneはTongariro国家公園の南の門だといわれそうだ。どうしても国家公園に行って見たかった。Motelの管理人Dennisは当地のバスを連絡してくださった(天気が良い時のみあるshuttleだから)。
そして5月4日の朝6時私は起きた。早速に必要なものを準備してmotelの前に待った。小さいバスが来て、でも運転さんが私を見たとたんに、「あなたを連れて行けませんね」と言った。。その原因は、私の靴だったorz

登山靴が重いので、ニュージーランドに持ってこなかった。身の回りに唯一の運動靴はconverseスニーカー。。
「また来週行きましょう。あの靴はだめですよ。昨日は登山の人が失踪したことがあります。」と運転さんが言った。
「来週は雨だと聞きましたけど・・・行かせてください。。私はあそこに行ったことがあるルームメートがいる。今すぐ彼女に借りてもいいですか、そして私を連れて行ってください」と私が頼んでみた。
「じゃ後でまたあなたを迎えに来ますね!」

だから慌てての私は宿に戻ってフランス人のルーンメートを起きさせて、「登山靴を借りてください」と願ってみた。。///
そして後は他人の靴でバスを乗った。。w

運転さんは私のことを心配して、Tongariro Alpine Crossingの入り口でまた私と線路と時間を確認した。ありがとう~

それからは忘れられない思い出になった。山地や雪山や火山などを七時間跋渉した。壮麗な自然の景色に感動されたわ。

 photo DSC_0632_526F672C_zps5953ab77.jpg

 photo DSC_0670_zps52b52b3c.jpg

 photo DSC_0671_zps250b54cd.jpg

 photo DSC_0676_zpse4dbc54a.jpg

 photo DSC_0678_zpscf9ef040.jpg

 photo DSC_0679_zpsd5de8a55.jpg

 photo DSC_0682_526F672C_zpse138723e.jpg

 photo DSC_0688_526F672C_zps3602e37c.jpg

 photo DSC_0690_zps1c0c588c.jpg

 photo DSC_0691_zps8baf0c93.jpg

 photo DSC_0701_zps74684f4f.jpg

 photo DSC_0703_526F672C_zps87cfb6ae.jpg

 photo DSC_0707_zpscdc4bcb3.jpg

 photo DSC_0711_526F672C_zps047c1af0.jpg

 photo DSC_0720_zpsdb1e2af1.jpg

 photo DSC_0758_526F672C_zpsa2b3f098.jpg

 photo DSC_0766_526F672C_zps719d8d08.jpg

 photo DSC_0783_526F672C_zps97b9b4e3.jpg

火山が大好き大好き!!

午後4時は時間通りに出口に着いた。運転さんは「Hey you!」と嬉しく呼びかけた。
「i'm back! alive!」と私が笑ったXD
靴の建議ありがとう!命を救われたわw
登山靴を貸してくれたフランス人のルームメイトにも大変ありがとう(>_<)


この前もTongariro国家公園の範囲内のold coach roadに数時間ハイキングした。夕方は美しすぎて、帰るべきな時間も忘れちゃって、道がどんどん真っ黒になった。一人で原野の中をドキドキ歩いてた時、奇跡にある車は身の回りに止まって、「あなたは大丈夫か」と聞かれた。警察だった!orz
そして親切な警察は私をmotelに送ってくださったXD

 photo DSC_0547_526F672C_zpse4454a81.jpg

 photo DSC_0548_526F672Cs_zps9688aa69.jpg

 photo DSC_0575_zps2d88684f.jpg

 photo DSC_0588_526F672C_zps413842be.jpg

 photo DSC_0592_526F672C_zpsc04bd811.jpg

 photo DSC_0598_526F672C_zps1d09cc53.jpg

 photo DSC_0617_526F672C_zps4ecd5256.jpg

 photo DSC_0796_526F672C_zps80d21a02.jpg

 photo DSC_0797_526F672C_zps6d2b9f00.jpg


二週間を渡って、再出発。Rotoruaのvolunteer仕事(helper exchange)を見つけて、また荷物を負ってから長距離バスに乗って移動した。

道で「hi」を呼びかけてくれる人たちが好き。気持ちも明るくなるw
どうなるかな、勇気を出すわ。

2nd April - 12th May

 photo DSC_0631_526F672C_zpse177a7fb.jpg


夜桜憶


さつき待つ花橘の香をかげば
昔の人の袖の香ぞする

この読み人知らず和歌がすごく好きなので、ここに書いておこう。


 photo DAI_818562F78D1D_526F672C_526F672C_zps6010af11.jpg

Komiとの浴衣記念写真~


宮本武蔵のドラマを見ながら、なんとなく京都武道場で弓道を習ってた時の色々は目の前に浮かべてきた。寒い冬の夜、明るい道場。
柳生石舟斎さん隠棲してる池庭園もキレイね。

最近、とても好きで買えなかったフィギュアを練習の対象になった。ネットの写真を見て描いてみたけど。
とても未熟な描き方で描いた割合も変だと思うわ。。

史絵 (植物少女園)

 photo 53F27D75_s_zpsdc5b20fc.jpg


WF2014冬 艦コレ大和

 photo 5927548C306E8272639B3051_s_zps421e15e5.jpg


WF2014冬 伊藤一刀斎

 photo 4F0A85E44E005200658B_s_zps9e1582c0.jpg

WFのフィギュアの作者はあまり強すぎると思うわ~


ゲームのお花見イベントが終わったら、そろそろ出発する。
また長旅かもしれないかな...
一人の旅、頑張ります。
(誰かの後ろについて何も考えずに行ってほしいけどね!!QAQ)
これから南半球のある島国に行ってきます。


この小さくてめちゃくちゃなブログを見てくださって、ありがとうございます!


梅見雪


 photo DSC_1865_526F672C_zpsd0d02cfd.jpg

今月、大雪が降ってた~


 photo DSC_1855_526F672C_zpsada9d7ef.jpg

可愛かった博士ちゃん!!!XDD
このすてきな小さいコートは去年DSでhoneysnowさんから買ってきたのだ♪


後は博士ちゃんと雪のウサギさんを作った~

 photo DSC_1902_526F672C_zpsd8abee68.jpg

(ちょっと怖いかったウサギじゃん。。最初はQべえを作るつもりだったと認めるわけがない> <


。。そしてほむらさんは雪のウサギさんが魔女だと思っていて最後までも戦った。

 photo DSC_1882_526F672C_zps1af92cb1.jpg


この前ある日にkomiの家に二日遊びに行った。
皆一緒に美味しかった鍋料理を作った~(あ今思い出してお腹が空いてきた感じ)

komiのご主人702さんはサッカーが好きなので、彼の部屋には色々なサッカーのボールがいっぱいある!AC milanのファンだそうだ。

 photo DSC_1799_526F672C2_zpsd48cf2a0.jpg


komiの部屋に

 photo DSC_1802_526F672C2_zps82a6eef6.jpg

さまざまな飲料がある~探偵さん発見!


 photo DSC_1824_526F672C_526F672C_zps3dc0b588.jpg

Lokiさま~


 photo DSC_1831_526F672C_zpsf7f48741.jpg


二人はLokiさんを囲んで写真をカチャカチャ撮っていた。でも夜の光が悪くて、良い写真は撮れなかった。
後は朝五時まで話して遊んだorz


でもHTの可動人形は本当にすごいね、とても似てるじゃん!
私もずっとほしかったHTのスウィーニー・トッド(sweeney Todd, the Demon Barber of Fleet Street)を買おうと思った。


そして最後はジョーカー(The Joker)を買った。。


xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


犯罪係数

ゼロ。

これからは新しい日記。癒し系じゃないので... CAUTION (to people who accidently walking by, the Joker is coming)
(no, actually i think this version is pretty cool. XD

 photo DSC_1932_526F672C_zpsaa1e2ffc.jpg

何とか、私はゴシックな感じがめちゃ好き。。HTのToddも、この1989バージョンのJokerも、あのゴシックの雰囲気に気に入ったわ。

 photo DSC_1906_526F672C_zps11dc002a.jpg


"Good evening, ladies and gentlemen."

 photo DSC_1922_526F672C2_zps0ff10fc7.jpg

Toddじゃなくて、Jokerが一番目としてを手に入る理由はこの可動目だ@A@ 遊びたかったから♪

 photo DSC_1919_526F672C2_zps83f5fae9.jpg


 photo DSC_1904_526F672C1_zpsb025f0bf.jpg

ちょっと怖いけど= =|||


 photo DSC_1907_526F672C_zpsf3fd5d23.jpg

ニヤンコ入れw


 photo DSC_1943blackeye_526F672C_zps22519855.jpg

sh... ("i don't like guns. Guns are too quick..."


 photo DSC_1926_526F672C_zps225b4111.jpg

癒し系入れ!!!


断片

 photo DSC_1936_526F672C_zpse7342355.jpg


 photo DSC_1938_526F672C_zpsc8a8e4ab.jpg


 photo DSC_1940_526F672C_zpsc209f731.jpg
ゾンビw


デザインが好き~

 photo DSC_1941_526F672C_zps252a5d6e.jpg


やはり私は人形や玩具に抵抗力がゼロorz


ニ月は友達と会ったり、たまにカラオケに行ったりゲームセンターで遊んだりした。鉄拳が面白かった~

ショパンのバラード四曲(Ballades Opp.23, 38, 47, 52)やっと弾けるようになってきた。うまくないけど。。好きなのにT_T|||

最近は、コンピューターで絵を描くことをはじめた。。まだ何もわからなくて、絵もめっちゃ下手だけど。
ずっとこのスキルを持ってる人を羨んでるね。。私も試してみようかなと思ったので。。頑張ります♥

 photo pinkgirl_526F672C_zps5888aadc.jpg

初空花


 photo DSC_1558_526F672C_zps51a15b0d.jpg


komiの婚礼の前日、会場に着いてkomiと儀式のいろいろな準備を覚えて、会場のホテルに泊まった。
(お嫁さんの付き添いになる日が来た。。。)


 photo DSC_1580_526F672CS_zps4b569581.jpg


komiの友人、今度のお嫁さんのアシスタントとしてのDaisyとSophiaと会った~
元気で面白い女子同士♪
夜は遊んで、ホテルに戻った時は旅行中だなぁと錯覚した。

komiといたずらの写真をいっぱい撮られた///
マニキュア液を塗ったりしゃべったりしてて深夜3時までorz


 photo DSC_1584_526F672C_zps6d4aa59a.jpg


(次の日は早起きて、超ねむかった> <。。)

任務の一つは花びらのかごを持ち、白いドレスのkomiの後ろに付いて会場に登場するということ。
ドアを開けられて、会場に踏み込むなり、周囲のライトは暗くなって只スポットライトをお花嫁さんにさした。ソフトなミュウジックが空中を漂って、その以外は静かだった。

花びらはかごから白い裾に優しく舞い降りて、夢ように美しかった。

komiをステージまで送った後に、私はすぐに涙が出てきた。
女子同士たちは慌てて私の涙を拭い、でもkomiがステージを徐徐に上がった後姿を見て、涙はどうしても止まれなかった。。。。。。。。。。。。。|||
ごめんね///(はずかしかった(/_<。。。

ねぇ~末永くお幸せに!!!


 photo DSC_1628_526F672C_zpsefa9cf4c.jpg
というわけで、あたしのkomiは人妻になった _(:3」∠)_ 2014年01月19日


儀式の午後、DaisyとSophiaと、彼女たちの友人(akb麻里子さんみたい)FJさんと一緒にCaféに行ってちょっと休んだ。(後komiカップルも来た~)
婚礼が順調に完成されておめでとう♪

気軽に休憩した~

 photo DSC_1593_526F672C_zpsd4f21d0d.jpg


 photo DSC_1592_526F672C_zpsf14a4f3c.jpg

Daisyははかせちゃんをグラスに置いてみたw

 photo DSC_1596_526F672C_zpsec52b97e.jpg



 photo DSC_1605_526F672C_zps4d05ec8a.jpg


 photo DSC_1608_526F672C_zpse1345369.jpg

遠慮なくいただきまーす!

 photo DSC_1598_526F672C_zpsf0bdbe92.jpg


大好きなkomiと~♪

 photo 19C63128-9698-4D70-A55D-5AA07DF9AFB7_zps6bxpkdw5.jpg

いつもそばにいてくれてありがとう♥


♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。


そして、次の週末はできた新しい友達Daisyの家に遊びに行った、ドールを連れてw
や~これは本当に嬉しかったね、趣味の似てる人と遊ぶのは。いつも一人でやってるもん。
なんとか、やる気も出てた。


 photo DSC_1637_526F672C_zps04fb9c30.jpg

面白くて優しい女子たちと部屋でギターやピアノ弾いたり、模型を撮影したり、太いにゃんにゃんを遊んだりしてた。

Daisyの模型を撮影してみた~

 photo DSC_1675_526F672C_zps49a91184.jpg


 photo DSC_1671_526F672C_zps935d0dfb.jpg


 photo DSC_1634_526F672C_zpsb8053943.jpg

可動人形とPVCは別々な味わいね~
実感たっぷり

 photo DSC_1633_526F672C_526F672C_zpsf7985c33.jpg

///w

 photo DSC_1688_526F672C_zpsfc2cb055.jpg


 photo DSC_1717_526F672C_526F672C_zpse0ad237f.jpg


 photo DSC_1683_526F672C_zps6d515419.jpg

Daisyの1/3サイズのメガネを借りてうちの子に掛けてみた...メガネ娘可愛かった!!XD

彼女の1/3ドール~

 photo DSC_1687_526F672C_zps234eb592.jpg


 photo DSC_1713_526F672C_526F672C_526F672C_zps13f24cae.jpg


 photo DSC_1729_526F672C_zps0c96ee0b.jpg

Daisyのre-mentとうちのころんちゃんw

すごく楽しかった一夜♪
ありがとう~


♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。


そしてそしてね、一月の最後の日に、JLPT N1をパスしたことを知った!XDDD
絶対忘れたくない~これからも頑張ろうと思うわ♪

金魚


雪の花 ひらひら揺れて すそ潔白

 photo DSC_1535_526F672C_zps970e7fda.jpg


今月は従姉の婚礼がある。先月はXILI studioに遊びに行った。

 photo DSC_1501_526F672C_zpsf1c138e8.jpg


*:.。..。.。o *:.。..。.。o *:.。..。.。o *:.。..。.。o *:.。..。.。o *:.。..。.。o *:.。..。.。o○


別に何もしなかった。BrahmsのVolksliederを聞きながら「枕草子」の訳本を読んでいて、知らず知らずの間にそのまま旧年とサヨナラした。
窓の外は花火の音だった。「あ...新年になったわ~」っこいうぼんやりの感じだった。
そして新年の一番目の日に寝坊してしまった。

おめでとう✿今年も頑張りましょう♪


先月のドールの写真~

 photo DSC_1317_526F672C_526F672C_zps86ced7d6.jpg


 photo DSC_1372_526F672C_zpsd10ebdfb.jpg


 photo DSC_1522_526F672C_526F672C_zps2e492491.jpg


 photo DSC_1509_526F672C_zpsb6456e31.jpg

「十人十色」w


*:.。..。.。o *:.。..。.。o *:.。..。.。o *:.。..。.。o *:.。..。.。o *:.。..。.。o *:.。..。.。o○


あの日、空を散歩してて
下駄はちょっと落ちてしまうところだった

 photo 084CF6F4-CEA8-449A-B417-E2245928003B_zpsrmswd4ki.jpg

日差しは輝いて、真珠みたいで、周りに浮かべてきた。また、漂ってる水の泡ように巻き上がって。o○
あの瞬間、金魚たちは集まってきた。
私はまた水底にいるかな~

○o。あの時も
浴衣を着て歩いてた時
体はだんだん溶けてたみたい、服の赤い花から赤い金魚が泳ぎ出てきた


 photo 88B58684-AA99-42C2-A6C2-8834805C1D85_zpstlo2rgfg.jpg


あ...そして私は金魚になって、人ごみの中を自由に泳いでいて
誰も私を見えなかった
。o○


 photo CD0E6D6E-88F6-47CE-B39E-C5F1EA5D3899_zpsb7kqtztg.jpg

。o ○o。

 photo 22E9A215-C735-4CAF-AD71-961908041346_zps8zp4bsbp.jpg

。o o ○

 photo 5EE94A16-C016-4901-A88F-6D2FF504B820_zpso4osozso.jpg

○o。

 photo 9852167E-C964-4EC3-9CF5-992FC9E0255F_zpsz2yg7jca.jpg

(ちょっとNinagawa Mikaさんカメラアプリで昔の写真を遊んだw) 。o○


今年も頑張らなきゃいけないね今はやる気があまりない人だけと。。orz
たくさんのことまだしてない、また時間があまり足りなくなるのに。今度は慌ててしたくないわ> <

アクマの角の髪飾りを買って、ピアノの時しか掛けない。母にウサギさんと呼ばれてしまった。

ジャアジャア


 photo DSC_1293_526F672C2_zps81476f3c.jpg

お久しぶり///


クマころんちゃん可愛いすぎ~瞳色と髪色の組み合わせから服装まで全部とても気に入ったので、
チャンチャン~(好きなコートを撮ってなかった:P

冬の日差しようなころんちゃん姉妹♪

 photo DSC_1304_526F672C_526F672C_zpsf7077b81.jpg


最近、いろいろな素敵な集合写真を見て、私もやりたくなったから~
ちょっと撮ってみた。。

 photo DSC_1267_526F672C_526F672C_zps388a3f33.jpg

ある神秘で危険なグループっていう感じの集合写真になってしまった。。


 photo DSC_1277_526F672C_zps33bea811.jpg
DOLLSHOWで買ったアクス。(当時の脳内設定は謎だ。
天然で危ないころんちゃんω


ロックなころんちゃん~

 photo DSC_1280_526F672C_zpse6367a82.jpg


利口なネコちゃんとクールなリアンちゃん~

 photo DSC_1283_526F672C_zps517624a9.jpg


神秘な少女w
グループの頭ような存在かしら~
(実はBlack Alice Lienはあたしの一番目のAZドール。出番が少ないけど。。

 photo DSC_1284_526F672C_zps45ac34ac.jpg


魔法少女wみうちゃん(後ろのブッラクウサギちゃん似てるかな。おもちゃが操れるキャラにしよう。
なんとなく、キャラクターゲームの紹介みたい気がするわ。。

 photo DSC_1287_526F672C_zps6a4d3816.jpg


(集合写真を撮るのはちょっと大変だったわ。ドールのものはめちゃくちゃ部屋に散らしてしまったw

 photo DSC_1271_526F672C_zps37a489a6.jpg


もう一枚~
カチャ♪

 photo DSC_1269_526F672C_zps71d8939c.jpg


実は集合写真の後、また新しいメンバーが帰る途中。。
。。また集合写真を撮るか。。しようがないわ> <


 photo DSC_1311_526F672C_zpsfaf7067d.jpg


この前、N1が終わった~
結果はどうなるかな...神様、パスお願いします|||orz

この一ヶ月の日常の中で、突然にいろんな感想やたくさんの言いたかったことが胸にあった時もあり、日記でちゃんと書きたいと思ったのに、言葉ではどうやって伝わるのはわからない。

時々記憶は潮の音みたい、一頻り一頻りで、私を飲み込む。潮のにおい、遠方からの潮風、髪はしっとりになる。光の中の木、満開してる花、白い花びらがはらはらと散り、ひらひらとちらついてる雪ごとし。雪が飛び舞ってる深夜、広くて暗くて。寒い空気、自由でたまらない錯覚。果てしない紺色、海の潮、潮の音。


なんとなく、Howard Nemerovの詩を思い出した。
"...
you ran along a narrow garden wall
pretending it to be a mountain ledge
so steep a snowy darkness fell away
on either side to deeps invisible;
..."


 photo DSC_1288_526F672C_zps31456e2f.jpg


...幻想にどっぷりと浸かってしまった~

シトシトト♪


 photo DSC_1151_526F672C_zps49b524be.jpg

「ただいま~」


日記って、月記になったかな。。
みうメイドちゃん可愛い~


「木漏れ日はソナチネみたい」とコメントしたかったけど、相手に変な人だと思わせてしまうかしら。
写真から、写真の撮った方の気持ちなどのことを知りたくなることがあるの。
私は時々そう思うようになった。
もし一緒に散歩しながら、どんな写真が撮れるかな。
もし道中私は口数が少ないなら、相手をつまらなく感じさせるの。


最近はBachの曲がすごく好きになった。。小さい頃は弾きにくくて好きじゃなかったけどね。でもChopinの伝記を読んでた後で、朝早起きして耳を澄ましてBachを聞けば、気持ちは素晴らしくなった。
私にとって、聞くより、弾くのはもっと楽しいのはChopinの曲だ。彼の曲は深い魔性があると思う。ロマンチックで悲しかったり、強力だったり。

そういえば、nocturne in C minor Op postは異議がありそう。1830年の前に書いた曲だと思ってた方もいる(Gavotyの書いた伝記)、パリで書いた晩期の作品だと信じてる方もいる(Lisztの手紙からの推測)。
若頃の未熟な小品だって、晩期の衰弱な状況で書いたものだって、ほかの作品と比べると創意が足りないと評価されてたそうだ。

でも、簡単で短くても、曲の中は転換が数個もあって、違う感情を持ったら弾いて違う色彩を曲に与えられる。しかも意を尽くしていないみたい。私はその曲が好きで、Chopinの遺作にするように思う。。(思いをはせ易いから。

まあ、Nietzscheの言葉では「Jeder Wort ist ein Vorurteil」(各言葉は偏見だと...)。
(ps: ProkofievがDebussyやRachmaninoffにひどい評価をしたことがあるそうだ。素直にいわば、Prokofievの曲は劇的で面白すぎると思うわ。)


N1の文法を自習してたながらも、あまり覚えてなかった。。



ああ~

ops photo DSC_1117_526F672C_526F672C_zps1a85cc7c.jpg
「掃除しましょう☆|||」


 photo DSC_1072_526F672C_526F672C_zps6bc6a1eb.jpg
「掃除しましょう~」


 photo DSC_1100_526F672Cbright4_zpse3848ef5.jpg
「掃除しましょう♥」


x photo DSC_1082_zps1253d52e.jpg
「掃除しましょう♪」


変異w

 photo DSC_1075_526F672C_zps1e192df7.jpg


お帰り。遊んでくれないかしら?

 photo DSC_1079_526F672C_zps43df5dc6.jpg

about

s2

Author:s2
let's travel together :)

recent entries
recent comments
month archives
categories
search
add to be friends

和此人成爲好友